先が見えない不安と結婚出来そうもない孤独感から抜け出す方法

「先も見えない、結婚もできなそう…」と孤独感に浸っていても、カラダひとつで新しい環境に飛び込めます!

周囲の人に頼ることができず、強い孤独感に襲われてしまうこともあるのではないでしょうか。

結婚できない不安はある程度年を重ねるとわいてきてしまいますね。

しかし人生は七転八倒といいます。

人や環境は常に新たな出会いとなってあなたの前にあらわれる可能性があるので、ひとりぼっちになることはありません。

人生って辛いことばかりじゃないですか?

なぜ先が見えない不安や結婚もできなそうと孤独になってしまうのでしょうか?

もしかしたらさまざまな要因が絡んで、人間不信になってしまって人に頼るのが難しい場合もあると思います。

「人生に展望が見えない…」「自分のお先は真っ暗…」と自分でより孤独感を深めているのかもしれません。

例えば「このままだと一生結婚できないかもしれない!」と強い気持ちが湧いてきたら、寮ありの仕事でお金を貯めて自分だけのために豪華に使うなどしたら孤独感を抜け出す第一歩なのかもしれません。

常に先が見えないというのは人生の辛いところでもあり、新しい出会いにつながる一歩にもなります。

目に見える格差が辛さを増す

例えば、よく聞くのが「現状が悲惨で同窓会に行きにくい…」というお話。

「人と接したくないけど人と関わりたい…」と思う時に、「同窓会に行きにくいけど…」となんとなく感じてしまう人は多いのではないでしょうか?

幼いころの無邪気な自分を思い出してそこはかとなく寂しくなったりしますね。

同窓会が行われる年齢になると結婚をしている人もいればそうでない人もいて、やりたくない仕事で稼いでる人もいれば夢を追いかけながら貧しいながらにも人生を終える人もいて。

さまざまな形があって、さまざまな終着点があります。

しかし自分を救うのには自分自身がまず立ち上がる必要があります。

自分自身を放っておくことで生きる気力がどんどんなくなっていってしまいます。

人生はいつか上がる

そんな悩みで不安や孤独感に苛まれていても、人生は常に新たな出会いの連続。

ひとりぼっちになることはないので「今、自分は何をしたいか」という目の前の課題が重要です。

例えばずっと同じ職場で働き続けていると、同僚と仲良くなって心が少しでも軽くなりませんか?

例え人と関わりたくないという気持ちがあっても、人と関わることで「いつか居場所を失うかもしれない」という恐怖感が払拭されていきます。

もし新しい職場で働いているという人でも、同じ境遇の同僚たちと切磋琢磨することで新しい人生になるかもしれません。

しんどさはバネになる!

新しい出会いや環境というのは気遣いの連続で疲れてしまうかもしれませんが、孤独感というストレスから抜け出せるのはデメリットでありメリットであり。

新しい職場でもずっといる職場でも人間関係というのは面倒なものです。

「人は人によって疲れてしまうけど、人によって救われるもの」と思っています。

デメリットが一方的にあるというわけではなく、常にそばにはメリットがあるはずです。

例えば仕事をとっても、「転職はしんどいけどスキルアップになる」「自分がやりたい仕事ではないけれど誰かの役に立てる」というデメリットとメリット両面がありますよね。

人生のメリット・デメリットの割合は…?

人生は総合するとメリットが多くなっているように感じます。

しんどくなって転職したらスキルアップしてより大手企業に就職。

引っ越しが必要になったけど会社に近いところに住めてお金をためやすくなった&満員電車に揺られるストレスから抜けられた。

同僚との距離が近くなって孤独感が払拭された。

1つ2つのしんどさを味わったらその倍はメリットが生まれるチャンスでもあると思います。

自分自身で「結婚できない!」「孤独だ!」と思っても意外と身近にチャンスが転がっていた李しますね。

まとめ

「例えば仕事がきつそうでも筋トレしながら賃金が入る!」「なんなた新たな出会いの可能性がある!」と思うと新しい環境にも飛び込みやすいのではないでしょうか。

人生はいつでも方向転換ができます。

いつでも人生やり直しのスタートダッシュをできるということを覚えておきましょう!